18 9月 2016
Category: All
18 9月 2016,
 0

1−2 で敗戦。リーグ戦における連敗はチーム状況を非常に苦しくしてしまう。自動昇格の権利は唯一、優勝チームだけのものなので連敗は避けたかった。

前節のFC Volendamでも前半の20分までに決定機を2回は作り、ゲームの序盤は相手を支配する戦いぶりだった。その後は見所にかけたが…。

この試合もゲームの主導権はVVVにあった。ボールポゼッションも59%と相手を上回っていた。この試合の問題点は完全に引いた守備から入る相手に対しての崩しが出来ず苦しんだこと。2失点はどちらとも前掛かりになったVVVの背後を突かれたもの。ペナルティーエリアにドリブルで侵入されPKを与えてしまったもの。直後にはVVVもPKで同点としたが、更に前掛りとなった状態で右サイドから中央へのスルーパスを送られFWに抜け出されGKとの1vs1からゴールを決められての2失点。

前節よりチームは攻守においてバランズを崩している。それまでのテンポの良いボール回しも乱れている。それぞれのポジショニングバランスが悪くなっているのでビルドアップからのパスコースが見当たらない。その結果ロングボールが多くなる。数本はチャンスにもなるが、相手もそれには対応しやすいので通用しない。ここ2試合は前半20分以降からの苦戦はそれが原因だと考える。次節9/23までの間にカップ戦(9/20)があるので調整が難しいけど新たな戦力も試せるチャンスでもあるので良い準備をしたい。コンディショニングを再度見直すことが重要になる。

それをステップに軌道修正してリーグ戦での勝利、連勝を目指すteamfoto-vvv-16-17-september

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です