17 11月 2016
Category: All
17 11月 2016,
 0

14954326_346070889086410_1964318008_o前節からの良い流れをホームゲームでも継続したかった。

VVVはゲーム開始からチャンスを作り22分に先制ゴールを奪う。その後も決定機を作り、ゲームを支配していたかに見えたが、前半終了間際にPKを与えてしまい失点。嫌な時間帯での失点で後半の戦いを心配していた。

その後半であるが立ち上がりこそ一進一退の戦いになったが、その後は徐々にVVVが試合のペースを摑み53分に得たPKを⑧Clintが落ち着いて決め2-1.

再びリードしたVVVは81分にも⑨Ralfが得点、3-1とし試合を決めた。

前半終了間際の不用意な失点で自ら試合を難しくしてしまったことを除けば安定した試合運びでの勝利といえた。前節からの好調を維持していると言える試合となった。

対戦相手のFC Dordrechtには、際 Wermeskerken という日本人選手が在籍している。スタメンでプレーしポジションは右サイドバック。

確実なプレーでチームに安定をもたらしていた。どちらかと言えば攻撃面に特徴ある選手だと思っていたが、この試合では守備面でもチームに大きく貢献していた。前半に見せたVVVの⑲Torinoのスピードあるドリブル突破を、難なく止めたプレーに彼の大きな成長を感じた。

⑲Torinoのスピード&パワーあるドリブルに対応するのはとても難しいと日頃のトレーニングから感じているし、日本人選手が対応しにくいタイプの選手だと考えていただけに、新たな発見でもあった。それだけに、彼の今後の活躍を楽しみにしている。

VVV Venloはこの勢いを継続して、2nd ピリオドも優勝を目指し進んで行きたい!      フジタトシヤ

 

 

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です