1 5月 2017
Category: All
1 5月 2017,
 0

この試合の勝利で優勝、昇格へ加速したい思いが強かった。
非常に苦しんだが、2-1で勝利することができた。
試合内容はVVVのリズムでの時間が進み、いつ得点が入っても…という展開であったが先制点はなかなか奪えなかった。前半38分にようやくPKで得点。これでリズムが生まれスムーズにゲームが進むのかと感じたがハーフタイムを境にRKCは攻守に渡りアグレッシブに戦うようになり苦しめられた。特にボールへのプレスが厳しくなり、イージーミスが増えたVVVはそれまでのリズムを失い、その結果RKCに同点ゴールをも許してしまう。なんとか立て直して追加点を奪おうと攻勢をかけるが、得点チャンスを作れるような状況までにはならなかった。引き分けを覚悟したVVVは90分、⑧Clintがゴール前で直接FKを決め劇的な勝利をおさめた。優勝するチームにはこのような展開での試合が必ずあるもの。一気に優勝に近づいた一戦と言える。この勢いをもって次節で優勝を決めたい。 藤田俊哉

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です