8 5月 2017
Category: All
8 5月 2017,
 0

勝って優勝を決めたい一戦。
EindhovenはVenloから近いだけあり、アウェーゲームでありながらも多くのサポーターがスタジアムへ応援に来てくれた。選手達は優勝へのプレッシャーを感じながらの戦いになり、思うようなゲーム展開ができず苦しんでいた。それでも失点を許すことなくゲームを進められたことはポジティブであった。後半15分に相手が退場となりゲームが優位に進む展開となったが、それでもゴールを奪えず時間は流れていった。正直そこからの20分は本当に長く感じるものであり、痺れる時間だった。相手の状況を考えて選手達は無理に攻め込むことをせずボールをキープしながら時間を使い、ゲームを0-0で終わらせた。勝利して優勝決定…としたかったが、勝ち点1を加えての優勝でも最高の瞬間を迎えることができた。この日のためにシーズンを戦い抜いてきたわけだから、その喜びは最高なものだった。コーチになっての初タイトルはこの先のサッカー人生においても忘れることのないだろう!クラブ関係者、チームスタッフ、サポーター、すべての方に感謝したい。ありがとうございました!藤田俊哉

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です